マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)について

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置とは、透明で目立ちにくいマウスピース型の矯正装置を使用して行う矯正のことです。マウスピース型矯正装置(インビザライン)はそのなかのひとつで、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)などの技術を融合させた新しい歯科矯正治療システムです。

独自の3Dシミュレーションシステムを使用することで、コンピューターの画面上でそれぞれの患者さまに合った治療計画の立案や、マウスピースを作製することが可能です。また、段階に合わせて複数のマウスピースを作製・交換しながら、少しずつ歯を移動させていきます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット・デメリット

メリット

  • 透明で目立ちにくい
  • 会話に支障がない
  • 取り外し可能なので、衛生的
  • 痛みが少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 全体矯正にも部分矯正にも対応できる

デメリット

  • すべての症例に適用できるわけではない
  • ワイヤー矯正よりも治療期間が長い

マウスピース型矯正装置の比較

マウスピース型矯正装置は、大きく分けると「インビザライン」と「クリアアライナーやアソアライナーなどその他の矯正」の2種類に分別されます。マウスピース型矯正装置(インビザライン)は全体矯正・部分矯正のどちらにも適用できますが、クリアアライナーやアソアライナーは前歯を動かす部分矯正のみに使用可能です。

当院では、マウスピース型矯正のみの場合は「インビザライン」、ワイヤー矯正と組み合わせたマウスピース型矯正の場合は「クリアアライナー」をおすすめすることが多いです。

治療の流れ・費用

治療の流れ

1無料相談
マウスピース型矯正装置に興味のある方は、まずは無料相談をご利用ください。
TEL:03-5468-3016
(受付時間:月~土曜 9:30~18:45)

Web予約はこちら

2精密検査・診断

精密検査・診断

治療方針を立てるために、口腔内光学スキャナー「i-Tero」をはじめ、歯型やレントゲン写真、治療予測模型などの精密検査を行います。
その後、検査結果を基に治療計画を立て、患者さまへご説明します。説明の際は、3Dコンピューター画像で治療結果のシミュレーションを見ながら行います。
3発注

発注

治療計画にご納得いただけたら、マウスピースを発注します。
※完成まで約3週間かかります。
4治療の開始

治療の開始

マウスピースができあがったら、治療を開始します。使用方法と注意事項をご説明しますので、1日あたりの装着時間を守ってご使用ください。
治療中は、確認のために1~3ヶ月ごとにご来院いただき、マウスピースの調整などを行います。
5メンテナンス

メンテナンス

治療終了後も約6ヶ月ごとにご来院いただき、歯並びや噛み合わせの確認を行います。

費用(税別)※自費診療

  • 上下どちらか片方のみ:450,000円
  • 上下:600,000円
  • その他すべての非抜歯症例(上下):800,000円

ご予約・お問い合わせ

矯正治療の無料相談(30分)や当院の治療に関することなど、気軽にお問い合わせください。

03-5468-3016 03-5468-3016

オンライン相談

無料相談WEB予約

資料請求はこちら